須藤裕司監修「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」

須藤裕司監修「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」

「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」の作者・須藤裕司氏

 

 「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」は「ハイパーコンサルティング・ジャパン」の須藤裕司氏により監修された、「改善」を目的とした実践的マニュアルです。したがいまして、治すことを目的としない世間一般的な現状認識や対処法を解説したマニュアルとは、一線を画すマニュアルと言っていいでしょう。

 

須藤裕司監修「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」

 ご自身がアスペルガーやADHD、発達障害と診断されたが改善方法がわからない方、または自律神経失調症、パニック障害、うつ病などと診断され通院しているけれども、なかなか改善できないでいる方、あるいは、お子さんが発達障害と診断されたが、どう対処したら良いかわからない方など、アスペルガー発達障害でお悩みの方はここ最近増えてこられました。

 

 このアスペルガーやADHD、発達障害は、世間一般的な常識としては、残念ながら医学では治らないとされています。しかし、まったく改善効果例がなかったわけではありません。

 

 

 「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」は、さまざまな臨床結果をもとにして改善効果があった例の内容をまとめ、アスペルガーの改善に有効なものだけをまとめ、マニュアルとして監修したものです。

 

 

 ですから、世間一般的に良く知られている、最初から治療を目的としない、対処法の解説マニュアルではなく、あくまで改善を目的としています。マニュアルの作者・須藤裕司氏は、このマニュアルを実践することによって、一人でも多くの方がアスペルガーを改善し、人間関係のトラブルを減らして、対人コミュニケーションが円滑になり、自分らしい自由な人生を歩まれることを願っています。

 

 参考までに、下記は「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」の販売ページに記載されている「医療ガイドライン」になります。

 

 

医療ガイドライン

医療関連商品につきまして、その病気や症状が「完治する」、「克服できる」といった表現が多く見受けられますが、病気にはさまざまな症状、病状があり、効果には個人差がございます。このサイトに訪れていただいた方に誤解を与えるような「誇大表現」は排除して医療ガイドラインに則り、真実を述べるよう最大限の配慮をしております。

 

 

 ハイパーコンサルティング・ジャパンの須藤裕司氏はこれまで150名以上のクライアントの相談に乗っています(2011年現在)。対応してきた症例は、対人コミュニケーション・対人恐怖・視線恐怖・パニック障害・自律神経失調症・うつ病など多岐にわたります。

 

 

「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」とほかの類似品との違い

 

 アスペルガーや発達障害の解説本は世に多数ありますが、そもそも現代医学では治らないとされているため、改善や治療ではなく、子供の療育や行動分析、構造化などの対処法を解説した内容のものばかりというのが現状です。

 

 しかし、「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」は根本的なアスペルガーの原因を取り除き、その症状を改善することを目的としたマニュアルです。家族はもちろん自分自身で改善することが可能であり、薬やカウンセラーなど専門家にも頼らずに改善することが期待できます。

 

 マニュアルを実践するにあたって、アスペルガーの症状を助長する食べ物や飲み物の制限が有りますが、体調やメンタルの不調が改善され、対人コミュニケーションの悩み、子供のパニックや、かんしゃくなどが改善されるようになります。その結果本当の自分らしい人生が見えてくるようになります。

 

 当マニュアルの監修にあたっては、ハイパーコンサルティング・ジャパン須藤裕司氏の4年に及ぶ経験による臨床結果と、数度にわたるクライアントへの臨床試験にもとづき完成されています。

 

 マニュアルの内容を毎日実践していただくことにより、早い方では3日から1週間で体調の効果を感じることができ、対人コミュニケーションへの効果は一般的には1ヶ月から2ヶ月程度というのが須藤裕司氏の説明です。

 

 

「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」の実践レビュー、購入後のサポート体制など

 

以下に当マニュアル実践者たちのレビューを要約したものをご紹介します。

 

■幻聴があり、自分でも発達障害の自覚があった35歳男性

 

 仕事が上手くいかずイライラに悩んでいましたが、「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」を実践することにより、自分自身のアスペルガー症状の原因が分かり、幻聴が改善されるとともに、イライラもある程度除去され、字も以前より丁寧に書けるようになりました。以前は夜中にトイレにいくとなかなか寝付けられなかったのが、マニュアル実践後はよく眠れるようになりました。

 

 

■心身が軽くなり、ADHDが改善されたと実感している38歳の女性

 

 ADHDであると自覚したのは27歳のときでした。忘れ物、不注意、怪我やミス、言葉や行動で切り返せないことによる友人とのトラブル。部屋は乱雑。特に親元を離れて一人暮らしで自炊するようになってから、部屋の乱雑さに自身の不器用さを痛感するようになりました。大人の発達障害を診てくれるお医者さんは、対症療法の薬を処方してくれますが、ADHDそのものの治療ではありません。
 一番の大きな悩みは部屋を片付けられないことで、お金を払って業者さんに片付けてもらったり、友だちに手伝ってもらったりしました。
 しかし、この「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」を実践してから自分でも驚くほど変わることが出来、部屋が片づき、対人関係が楽になりました。特に食べ物と感情の関係や発達障害の関係について知ることができました。

 

 

■発達障害の子供をもった40歳の主婦

 

 子供が発達障害と診断されたのは2歳半頃です。一般的には治らないとされてはいるものの、海外では、ブレインジム・ホメオパシー・メディカルアロマなどの方法で改善したという臨床実績があることを知り、調べている内にこの「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」と出逢いました。
 それまでは心の交流が少なく、偏食が激しく、興味が湧かないものには全く頭が働かない不安定さがありましたが、このマニュアルを実践した結果、まず人とのコミュニケーションが改善され、衝動性が減り、落ち着いて考え行動出来るようになりました。色々なことに気がつくようになり、相手の気持を考えたり気を利かせることが増えてきました。実践してみて感じたことは、発達障害は本当は改善できると思うようになったことです。実践的で具体的な内容のため、日常生活のなかで取り組みやすい内容でした。

 

−−−以上、当マニュアル実践者たちのレビューの一部をご紹介しました−−−

 

 

■マニュアルご購入後のサポートなど

 

 ご自身がアスペルガーではないかという不安をお持ちの方に、「アスペルガー自己診断チェックテスト」が用意されています。
 しかし、まずは身近な相談先に行ってみたいという方のために、そういった情報を調べる際に役立つ、全国の「発達障害支援センター窓口一覧」と発達障害を扱う病院のリストが用意されています。

 

 

 上記は、あくまで便宜上用意した資料ですが、ほとんどが対処法になります。対処法ではなく、もっと積極的な改善法を望まれるかたのために、「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」が監修されました。現在の医学では治らないとされている発達障害ですが、当マニュアルは正面から改善方法に取り組んでいるのです。

 

 


  

  

  

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

  

  

  

  

  

須藤裕司監修「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」

  

配送版は別途送料2,400円。代引きの場合は代引き手数料別途360円が必要になります。
ホーム RSS購読